40代特有の症状|更年期障害について学ぶ

発症する前に予防しよう

白衣の人

自分でできること

更年期障害は主な原因が女性ホルモンの分泌量が急激に減少する事と言われています。女性ホルモンの中でもエストロゲンが減少して、脳の自律神経の働きを見出す事により不快症状が出現します。またこの時期には人間関係や身体的なストレスも多く発生するため、このようなさまざまな要因が重なり症状として現れます。更年期障害は母親が症状を発症したからといって、その子供に遺伝する事はありません。人によって症状の出方が様々な更年期障害ですが、真面目な性格やストレスを感じやすい人は症状が出やすいとされています。そのような人は周囲から感じるストレスをうまく発散させる事で対策が可能です。考え方を変更したり、散歩などを取り入れて他に意識が行くようにする事も予防になります。またリラックス効果のあるアロマテラピーを取り入れたり、毎日簡単な運動を行う事でストレスの発散にもつながります。自分の好きな事を趣味として始めるのも、楽しい事に集中して嫌な事を忘れる場となるため有効です。毎日の食事を見直す事も更年期障害の予防になります。原因となるエストロゲンの低下の対策として、エストロゲンの働きに似た大豆イソフラボンを摂取する事です。納豆や豆腐などには大豆イソフラボンが多く含まれるため、毎日の食事に加えると簡単な対策が行えます。どうしても自分で予防ができなかった場合には、病院受診をすると適切な治療を受ける事ができます。婦人科の医者や、更年期障害を専門としている更年期外来を利用する事で治療が開始されます。我慢せずに病院を利用する事も方法の一つとして考えておきましょう。

更年期障害をうまく乗切る

診察

40歳を迎えた女性は、ホルモンのバランスが崩れることによって、体に様々な症状が現れ始めます。ストレスをためず、充分な睡眠とバランスのとれた食事、適度な運動など生活習慣を見直し、更年期障害を上手に乗り越えていきましょう。

辛い症状に気付いたら

病院

更年期障害と自律神経失調症では、現れる症状が似ていることもあり、自分がどちらなのか迷うこともあるでしょう。更年期障害と自律神経失調症は違うもので、有効成分も異なっていますが、密接に関わっています。年齢によっては、まず更年期障害をケアすることで自律神経失調症を楽にできる可能性も高いです。

更年期障害の初期症状

女性

女性ホルモンのエストロゲンが不足すると、脳がパニックを起こして更年期障害になります。更年期障害はなる人もいればならない人もいて、症状も人それぞれです。もしも更年期障害になっても、サプリメント療法やプラセンタ療法などで改善できます。