40代特有の症状|更年期障害について学ぶ

  1. ホーム
  2. 更年期障害の初期症状

更年期障害の初期症状

女性

更年期障害になると

女性は45歳を過ぎると更年期障害になりやすくなります。更年期障害の原因は、女性ホルモンのエストロゲンの減少です。エストロゲンは30代をピークにして、どんどん少なくなります。脳が命令してもエストロゲンが出なくなるので、脳がパニックを起こします。それによって自律神経が乱れたり、体調不良になったりするのが、更年期障害と言われる症状です。更年期障害といっても、症状や重症度は人それぞれです。暑いのに寒気がしたり、寒いのに汗が出たり顔が火照ったりするのは、代表的な更年期障害の初期症状です。その他にも、冷え性、頭痛、疲れ、イライラ、朝起きるのが辛いなど、様々な更年期障害の症状があります。自分ではやる気があっても、体がどうしてもついていかず、やる気が起きなくなります。そしてそれが他人に分かってもらえない辛さがあります。それまで自然にできていたことができなくなり、 自分自身に嫌気がさしてうつ病になったりする人もいます。基本的に、考え方が真面目な人ほど更年期障害になりやすとよく言われています。もしも45歳をすぎて風邪でもないのに身体がだるくなったら、更年期障害を疑うべきです。そしてエストロゲンを増やすサプリメントを飲んだり、病院に行ってプラセンタ注射を飲んだりするのがお勧めです。サプリメントならドラッグストアにも沢山市販されていて飲みやすいです。軽い初期の更年期障害なら、サプリメントだけでも乗り切れます。