40代特有の症状|更年期障害について学ぶ

  1. ホーム
  2. 更年期障害をうまく乗切る

更年期障害をうまく乗切る

診察

更年期障害の特徴と治療法

更年期障害とは、閉経を挟んだ前後10年間におこる体調の変化や症状のことを言います。大半の女性は、40歳頃から卵巣機能が低下し始め、更年期と呼ばれる45歳〜55歳ぐらいの頃には、卵巣から分泌される女性ホルモンのエストロゲンが減少し、ホルモンバランスが崩れ、体調に大きな変化を与えます。ホルモンバランスの崩れは、自律神経の乱れを起こし、そのため、ほてりやのぼせ、冷えなどの体調不良が生じます。具体的な更年期障害の症状として、身体に出る症状は、多汗やほてり、のぼせといったものが挙げられます。他にも肩こりや頭痛など様々です。また、心理的にはイライラや不安感、不眠などの症状も出やすくなります。更年期障害を軽く見て放っておくと、高血圧や高脂血症、糖尿病などの大きな病気につながってしまうので注意しましょう。これら更年期障害の体調不良を少しでも改善するためには、乱れたホルモンバランスを整えなければなりません。そのためには、食生活から改善する必要があります。ホルモンバランスを整えるには、ビタミン、ミネラルをバランスよく取り入れる食事を摂ることです。特に、亜鉛は、ホルモンバランスを整える効果が高く、牡蠣や肉類、カシューナッツなどに多く含まれています。大豆製品に含まれる大豆イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと構造が似ているので、摂取することでホルモンのバランスを保つ効果があります。更年期障害に悪い影響を与えるものとして、ストレスがあります。更年期の時期は、子供や家庭のことでストレスがたまりやすい時期でもあるので、適度な運動をしたり、趣味などでストレスを解消しましょう。食生活や生活習慣を見直し、辛い更年期障害を出来るだけ楽に過ごせるよう上手に生活していきましょう。