40代特有の症状|更年期障害について学ぶ

  1. ホーム
  2. 辛い症状に気付いたら

辛い症状に気付いたら

病院

密接に関わっている両者

なんとなく体の不調を感じたり、動悸やめまいを感じることが増えると、「もしかして更年期障害かもしれない」と感じる女性も多いことでしょう。しかし一方で、心と体のバランスについて注目されることが増えた今、不定愁訴や動悸やめまいなどは、「自律神経失調症」でも起こりうることがわかってきています。いざ自分が辛い症状に悩まされたときには、「いったいどちらなのか」と判断に迷うこともあるでしょう。更年期障害は、閉経を迎える前後に、女性ホルモンが急激に低下し、ホルモンバランスが変わることで引き起こされるさまざまな不調のことを指す言葉です。一方で自律神経失調症は、人間の交感神経、副交感神経の働きが、何らかの働きで乱れてしまうことで引き起こされます。原因が異なるので、もちろんそれぞれで有効成分も異なります。しかし実は、両者は密接に関わっている問題でもあります。女性ホルモンが急激に低下することで、体調面に不安を感じることが増えれば、ストレスを抱く機会も増えるでしょう。「体がほてって眠れない」などの問題があれば、睡眠不足につながり、それが自律神経失調症を引き起こす可能性もあります。更年期障害で悩む女性の中には、自律神経失調症に悩んでいる女性も多いと言われています。だからこそ、まずは更年期障害をケアすることを考えて有効成分を摂取すると、より快適に生活できる可能性も高まるでしょう。女性ホルモンの低下は避けられませんが、ビタミンEやエストロゲンなどを積極的に摂取することで、減少度合を穏やかにすることができます。ぜひチェックしてみてください。